氣を使った遊びを通し氣の次元を超えた「神」エネルギーマスターへの道をサポートする会

遊氣会の武術

  • HOME »
  • 遊氣会の武術

遊氣会で武術を修練する目的は、技の中に働くエネルギーの流れを知覚し感覚を磨くことです。

武術と言っても、相手を攻撃したり、相手を痛めつけるような力による体術ではなく、あくまでも、防御から反撃するための術を習得することです。

技の本質は力ではなく『全てはエネルギー』であるという事。
最終的には意識体(霊体)のエネルギーが肉体を支配していると言うことを実感して頂く事です。

『全てはエネルギー』であるということを実感して頂けると思います。

 

先ずは脱力すること

なぜ脱力を修練するかといえば力を入れたままではエネルギー流れる感覚を知覚出来ないからです。

力の抜き方を覚えると、力を抜くほどより小さな力が感じられるようになります。

これはワークショップに参加頂ければ、1日で体感する事が出来るので、説明するよりも経験をして頂く方が早いと思います。

脱力を学ぶ事で気感が高まり、目に見えない気を感じやすくなり気功の習得がしやすくなるので、遊氣会では武術を通して脱力を習得して頂きます。

武術を通してエネルギーの流れを学ぶ

エネルギーの存在を体感して頂いた後は、エネルギーの流れを武術を通してお伝えしていきます。

エネルギーの流れを自覚出来るようになれば、エネルギーを自由に流せるようになれます。

最終的には、エネルギーを流すだけで相手を制する事が出来るようになれます。

それは、体が動き始める前に必ずエネルギーが先に流れ始めるという事実があります。古武術で言われている、心眼というものです。

その流れを察知出来れば、流れる方向から退けることも、流れる方向を変えることで自滅させることも、流れを押さえつけることで不動金縛り状態にすることも自由自在になります。

ただし、そこまで相手を制御出来るようになるには、エネルギーは氣のレベルではなく、更に上のレベルの神(意識)エネルギーを自覚出来るようにならなければ不可能です。

神エネルギーをコントロールするのが、遊氣会の武術『神流術』です。

他の道場では、教えていない神エネルギーを知覚できるまで意識レベルを教えることが出来るのが遊氣会の武術『神流術』の最大の特徴です。

仙道の『道』を認識出来る境地が神エネルギーを知覚出来る虚空の体です。

武術だけでなく、仙道を極めようとする人にも役にたてると思います。

その神エネルギーが上手く使えているかどうかは、相手が倒れるかどうかで判断することが出来ます。

技が決まると倒した方も倒された方も、なぜ投げられたか分からないというように頭が真っ白になった状態になりますが、相手の反応がどうなるのかを体感しながらこの感覚を身につけることができるので、単なる空想ではないという事が分かります。

何度も倒したり、倒されたりしているとだんだんとあなたの中に流れるエネルギーを自覚し、感じ取り、術のしくみを理解してゆく事で、貴方の体は自然とエネルギーの流れをコントロール出来るようになります。

あなたが、本会の武術を学んで行く段階を簡単に紹介しておくと

・第一段階 エネルギーの流れを確実に知覚出来るようになる。

あなたが拘束された状態(腕を掴まれたり、胸ぐらを掴まれたり、後ろから抱きつかれたりした身動き出来ない状態)から、相手を倒してゆく、あなたの中に流れるエネルギーを知覚してゆく。

・第二段階 攻撃された時のエネルギーを察知し受け流せるようになる。

あなたが相手から突き、蹴りなどの打撃を受けた時に、相手の打撃を無力化したり、受け流したり、しながら相手が攻撃しようとした瞬間に流れてくるエネルギーを知覚してゆく。

・第三段階 知覚したエネルギー自由に流せるようにする。

あなたがどんな体制からでも、相手の中にエネルギーを流すことで相手を崩せるように、自由にエネルギーを操れるように修練する。

 

以上の段階を通して、人間の本質的な構成要素はエネルギーであるということを理解するのが遊気会の武術です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-230-239 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 遊氣会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.